〜当ブログのお品書き〜

2007年02月17日

ポプラチェンバロの今の様子

P2142684_R400.jpg


ポプラチェンバロの現在の様子を観察してきました。

2004年の台風18号によってポプラ並木の一部が倒れ、
その倒木の一部から"チェンバロ"(写真上)が作られました。
チェンバロは2006年に完成し、同年9月にはコンサートもありました。

そのポプラチェンバロは、現在北大総合博物館で展示されています。
職員さんによって訪問者向けに弾かれています

前回様子を見に行ったときは、冬季の乾燥が心配されていましたが、
加湿器がすぐとなりに設置されていました。
館内は広いので、十分な湿度が保たれているのか不明ですが、
平井先生や博物館の職員さんたちが気を配って下さっているようです。


P2142677_R1024.jpg P2142684_R1024.jpg P2142696_R1024.jpg
P2142675_R1024.jpg P2142685_R1024.jpg P2142680_R1024.jpg
P2142689_R1024.jpg P2142691_R1024.jpg P2142695_R1024.jpg

※クリックすると大きい画像が出てきます。

2007年2月14日14時ごろ撮影。北大総合博物館にて

余談:
博物館の職員さんが、他の方にポプラチェンバロを紹介していたので、
こっそりとそのやりとりを聞かせもらいました。
職員さん曰く、職員がチェンバロを弾くミニコンサートに関しては、
冬季は博物館が忙しくないからできているものの、忙しい時期が来れば
ひょっとしたら続けられないかも、とのことです。

確かに6月以降は大勢の観光客・修学旅行生が訪れるので
手が回らないかもしれませんね。
職員を増員するのか、学生・市民のボランティアを募集するのか、
要検討といったところでしょうね。
あと、個人的に調律のことも気になっているんですが、どうなんでしょう。
色々な人の手と知恵が必要そうです。


展示場所:
北海道大学総合博物館 1F「知との対話コーナー」
(正面玄関を入って左の通路、突き当りの部屋です。)
http://www.museum.hokudai.ac.jp/
〒060-0810 札幌市北区北10条西8丁目
電話 011-706-2658 FAX 011-706-4029
開館時間:[夏期(6-10月)]9:30−16:30/[冬期(11-翌5月)]10:00−16:00
※チェンバロ生演奏の時間等は電話で確認してください。


関連する過去の記事:
展示中のポプラチェンバロの様子(2006年11月01日)
演奏会レポートまとめ(2006年09月18日)


 ↓ クリックをいただけると幸いです。
ninki-rank.gif   
 
 
posted by water at 08:00| Comment(1) | TrackBack(0) | ポプラのチェンバロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ポプラは研究されているんですか?
私は、北大について番組を作ろうとしている札幌市の高校生です。
Posted by arisa at 2010年09月16日 03:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/33754420
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。