〜当ブログのお品書き〜

2006年01月30日

総集編〜秋のポプラ並木(2005.9〜2005.10)〜

「ポプラの樹の下で」総集編
総集編〜秋のポプラ並木(2005.9〜2005.10)〜


関連;
総集編〜2004年台風18号による被害のまとめ〜
総集編〜冬のポプラ並木(2004.12〜2005.3)〜
総集編〜雪融け直前直後のポプラ並木(2005.4)〜
総集編〜春のポプラ並木(2005.4〜2005.5)〜
総集編〜初夏のポプラ並木(2005.6)〜
総集編〜盛夏のポプラ並木(2005.7〜2005.9)〜




秋のポプラ並木について

秋のポプラ並木はゆっくりと黄葉していきます。
葉の細胞がまだらに朽ちていく中でゆっくりと変色していきます。
イチョウ並木のような美しさはありませんが、
哀愁漂う独特の風景を見ることができます。

この時期の北大農場には、
並木の東側に実験水田には頭が垂れている稲穂があり、
並木の北西側には収穫を待つジャガイモ畑があります。

また、秋は台風のシーズンであり、
2005年もいくつかの台風に見舞われましたが、
幸いにもポプラ並木には特に被害はありませんでした。




ポプラ並木と実験水田
DSCF2085_R75.jpg





ポプラ並木とジャガイモ畑
DSCF0721_R75.jpg DSCF2049_R75.jpg
左は2005年7月中旬、右は9月初旬のジャガイモ畑の様子です。



ポプラ並木の景色
DSCF2318_R75.jpg DSCF2322_R75.jpg DSCF3120_R75.jpg DSCF3124_R75.jpg DSCF3125_R75.jpg DSCF3126_R75.jpg DSCF3131_R75.jpg DSCF3137_R75.jpg DSCF3142_R75.jpg DSCF3144_R75.jpg DSCF3146_R75.jpg DSCF3194_R75.jpg DSCF3198_R75.jpg




黄葉するポプラの葉
DSCF3127_R75.jpg DSCF3128_R75.jpg DSCF3129_R75.jpg DSCF3130_R75.jpg DSCF3132_R75.jpg DSCF3133_R75.jpg DSCF3134_R75.jpg




早朝のポプラ並木
DSCF2350_R75.jpg DSCF2347_R75.jpg DSCF2345_R75.jpg
2005年9月30日午前5時45分ごろの風景です。




台風接近直前のポプラ並木
CIMG1101_R75.jpg CIMG1101_R75.jpg CIMG1103_R75.jpg CIMG1107_R75.jpg CIMG1107_R75.jpg CIMG1128_R75.jpg
2005年9月7日撮影。
雷+風雨の中、台風が直撃する直前の様子を見てきました。






人気ブログランキング.png 学生ブログランキング.gif ←2つのランキングに参加しています。
 クリックをいただけると幸いです。

2006年01月27日

総集編〜盛夏のポプラ並木(2005.7〜2005.9)〜

「ポプラの樹の下で」総集編
総集編〜盛夏のポプラ並木(2005.7〜2005.9)〜


関連;
総集編〜2004年台風18号による被害のまとめ〜
総集編〜冬のポプラ並木(2004.12〜2005.3)〜
総集編〜雪融け直前直後のポプラ並木(2005.4)〜
総集編〜春のポプラ並木(2005.4〜2005.5)〜
総集編〜初夏のポプラ並木(2005.6)〜





昨年撮った写真を振り返る、ポプラ並木総集編。
今日は盛夏のポプラ並木について。

8月ごろのポプラ並木は、深い緑色の葉と青い空が特徴的です。
葉が厚くなり、遠くから見ると黒っぽい色ですが、
近くでみると青々とした葉を確認することができます。

ポプラ並木を訪れる観光客もこの時期は大勢やってきます。




水田とポプラ並木
DSCF0735_R75.jpg DSCF0740_R75.jpg DSCF0741_R75.jpg



ポプラ並木の正面

DSCF1185_R75.jpg DSCF0750_R75.jpg DSCF1593_R75.jpg DSCF1594_R75.jpg DSCF2133_R75.jpg





ポプラの葉

DSCF0751_R75.jpg DSCF1218_R75.jpg DSCF1221_R75.jpg DSCF2034_R75.jpg DSCF2038_R75.jpg DSCF2043_R75.jpg



見上げたときのポプラ

DSCF1222_2_R75.jpg DSCF1224_R75.jpg DSCF2041_R75.jpg DSCF2082_R75.jpg






ポプラ並木のある風景

DSCF0721_R75.jpg DSCF0729_R75.jpg DSCF0733_R75.jpg DSCF0823_R75.jpg DSCF0826_R75.jpg DSCF1201_R75.jpg DSCF1206_R75.jpg DSCF2072_R75.jpg DSCF2076_R75.jpg DSCF1201_R75.jpg DSCF2096_R75.jpg DSCF2101_R75.jpg DSCF2104_R75.jpg DSCF2106_R75.jpg DSCF2118_R75.jpg





人気ブログランキング.png 学生ブログランキング.gif ←2つのランキングに参加しています。
 クリックをいただけると幸いです。


2006年01月26日

総集編〜初夏のポプラ並木(2005.6)〜

「ポプラの樹の下で」総集編
総集編〜初夏のポプラ並木(2005.6)〜


関連;
総集編〜2004年台風18号による被害のまとめ〜
総集編〜冬のポプラ並木(2004.12〜2005.3)〜
総集編〜雪融け直前直後のポプラ並木(2005.4)〜
総集編〜春のポプラ並木(2005.4〜2005.5)〜





初夏のポプラ並木について


この時期は青く澄んだ空が広がり、
樹木が若葉を出してぐんぐん成長し、
一年の中で最も気持ちのよい季節です。

埋め戻されたポプラはまだ生きているのかと
皆が心配していましたが、無事に芽吹いてくれました。

またこの季節はポプラの綿毛が飛ぶ時期です。
残念ながら浮遊中の綿毛は
うまく撮影できなかったのですが、
並木の周囲には大量の綿毛が落ちていました。

参考;
綿毛舞う、夏の札幌(Webシティさっぽろ)
ポプラの綿毛(NorthPhoto)


一方、ポプラ並木の周辺では、
西側に隣接する馬鈴薯の芽が出てきます。
(右上の写真をクリックすると分かります)
ずーっと向こうまで続くジャガイモ畑はまさに北海道です。



ポプラ並木のある風景


DSCF0301_R.jpg DSCF0279_R.jpg DSCF0260_R.jpg DSCF0136_R.jpg DSCF0385_R.jpg DSCF0254_R.jpg DSCF0457_R.jpg DSCF0455_R.jpg DSCF0458_R.jpg DSCF0457_R.jpg DSCF0247_R.jpg





ポプラの葉

DSCF0255_R.jpg DSCF0256_R.jpg DSCF0250_R.jpg DSCF0386_R.jpg DSCF0436_R.jpg





ポプラの綿毛

DSCF0381_R.jpg DSCF0450_R.jpg DSCF0442_R.jpg DSCF0451_R.jpg





人気ブログランキング.png 学生ブログランキング.gif ←2つのランキングに参加しています。
 クリックをいただけると幸いです。

2006年01月25日

水永牧子さんについて

水永牧子さんについて


2006年9月8日(土)に北海道大学で
チェンバロのコンサートがあります。

台風で倒れたポプラを材料にしてチェンバロが作られ、
そのお披露目式で水永牧子さんが演奏します。

会場はおそらくクラーク会館の大ホールでしょう。
学内外の偉い人たちが呼ばれてずらっと並び、
市民の方も生まれ変わったポプラを一目見ようと
大勢集まることでしょう。

素敵な演奏を聴けることがとても楽しみです。

(詳細は水永さんの公式サイトに載っています。)



ポプラ並木の写真を提供したことがきっかけで、
ちょっとした知り合い(?)でもあります。
相互リンクもさせてもらっています。



なんとCDまでいただきました!!

こちら↓

 DSCF5234_R.jpg

「Domenico Scarlatti:Snatas」
(スカルラッティ:ソナタ集)

今もこのCDを聴きながらブログを更新しています。
CDをいただいたときは
「ポプラ並木のブログ立ち上げて良かったなぁ」
としみじみと感じました。(ノД`)







一ヵ月後に新しいアルバムが発売されます。

イングリッシュ・ガーデン
発売日: 2006/02/22
価格: 3045円(税込)


Amazon:水永牧子

チェンバリスト水永牧子 公式サイト

横田ハープシコード 工房
工房最新情報



人気ブログランキング.png 学生ブログランキング.gif ←2つのランキングに参加しています。
 何か感じた方は「1日1クリック」お願いします。
posted by water at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ポプラ並木にまつわる話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月24日

総集編〜春のポプラ並木(2005.4〜2005.5)〜

「ポプラの樹の下で」総集編
総集編〜春のポプラ並木(2005.4〜2005.5)〜


関連;
総集編〜2004年台風18号による被害のまとめ〜
総集編〜冬のポプラ並木(2004.12〜2005.3)〜
総集編〜雪融け直前直後のポプラ並木(2005.4)〜







「春」の定義は特にないのですが、
雪融け(4月中旬)〜5月末を春のカテゴリーとしました。

この時期はポプラの新芽が出てきます。
また、東側の水田では代掻き・田植え。
西側の畑地では耕うん・作付け、が行われ、
並木周辺の景色が一気に変わります。



DSCF0011_R.jpg DSCF0013_R.jpg DSCF0016_R.jpg DSCF0017_R.jpg DSCF0019_R.jpg DSCF0019_R.jpg DSCF0030_R.jpg DSCF0034_R.jpg DSCF0044_R.jpg DSCF0048_R.jpg DSCF0049_R.jpg DSCF0050_R.jpg DSCF0051_R.jpg DSCF0052_R.jpg DSCF0053_R.jpg DSCF0054_R.jpg DSCF0055_R.jpg DSCF0057_R.jpg DSCF0059_R.jpg DSCF0060_R.jpg 


この時期に新しいデジカメを買いました。
この時期以降はFujifilmの「FinePixF10」を使って撮影しています。


追記(2006.01.25);
タイトルが間違っているのを発見し、あわてて直しました。
この記事のタイトルは「総集編〜春のポプラ並木(2005.4〜2005.5)〜」です。



人気ブログランキング.png 学生ブログランキング.gif ←2つのランキングに参加しています。
 何か感じた方は「1日1クリック」お願いします。

2006年01月23日

総集編〜雪融け直前直後のポプラ並木(2005.4)〜

「ポプラの樹の下で」総集編
〜雪融け直前直後のポプラ並木(2004.12〜2005.3)〜

関連;
総集編〜2004年台風18号による被害のまとめ〜
総集編〜冬のポプラ並木(2004.12〜2005.3)〜





雪融け直前直後のポプラ並木
(2005年4月9日〜15日撮影)


一番上の行、中央が雪解け直前、右側がその翌日の写真です。
雪が融けると、フキノトウが顔を出し、ポプラの芽が膨らんできます。



P4090010_R.jpg P4110001_R.jpg P4120011_R.jpg P4150024_R.jpg P4150028_R.jpg P4150032_R.jpg P4150035_R.jpg P4150038_R.jpg P4150039_R.jpg P4150042_R.jpg P4150046_R.jpg P4150050_R.jpg P4150054_R.jpg P4150055_R.jpg P4150062_R.jpg




人気ブログランキング.png 学生ブログランキング.gif ←2つのランキングに参加しています。
 何か感じた方は「1日1クリック」お願いします。

2006年01月21日

検索キーワードの紹介

検索サイトから飛んできた方が、
どのようなキーワードからたどり着いたのかを
アクセス解析でログとっています。

ちょこっと紹介します。
見たい方は続きをどうぞ。

↓ 紹介とコメントを読む
続きを読む
posted by water at 10:09| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月20日

総集編〜冬のポプラ並木(2004.12〜2005.3)〜

「ポプラの樹の下で」総集編
〜冬のポプラ並木(2004.12〜2005.3)〜

関連;総集編〜2004年台風18号による被害のまとめ〜




ポプラ並木を本格的に撮り始めたのは2004年の年末からでした。

晴れた日のポプラ、雪が降る日のポプラ、・・・
冬のポプラ並木と言ってもいろんな姿があり
じっくりと観察することで新鮮な発見がありました。


上から3番目、右側の写真は自分のお気に入りです。
今年の年賀状にも使いました。

晴れ渡った冬の日。
包帯が巻かれたポプラを見上げながら撮った一枚です。






P3040014_R.jpg P3040016_R.jpg P3080030_R.jpg P3080032_R.jpg P3080038_R.jpg P3080039_R.jpg P3080042_R.jpg P3080043_R.jpg P3080045_R.jpg P3140035_R.jpg P3140037_R.jpg P3230047_R.jpg P3230052_R.jpg P3230055_R.jpg P3300009_R.jpg PC010020_R.jpg PC010021_R.jpg PC010024_R.jpg PC010028_R.jpg PC150018_R.jpg PC150024_R.jpg






人気ブログランキング.png 学生ブログランキング.gif ←2つのランキングに参加しています。
 何か感じた方は「1日1クリック」お願いします。

2006年01月19日

総集編〜2004年台風18号による被害のまとめ〜

SeeSaaへのブログ移転を機に、
これまでの1年半で撮ってきた写真を
まとめて紹介していこうと思います。

以前紹介した写真に未公開のものを追加し、
カテゴリーごとに分けて紹介します。

台風18号の被害、
並木の春・初夏・盛夏・秋・冬
大学構内・農場風景
というジャンル分けで紹介する予定です。





「ポプラの樹の下で」総集編
〜2004年台風18号による被害のまとめ〜


台風18号によるポプラの倒壊は
この「ポプラの樹の下で」というブログを
設立しようと決意したそもそもの出来事です。

台風18号が札幌を直撃し、
ポプラ並木をはじめとする
多数の樹木が倒れました。

街路樹が倒れて道が通行止めになっていたり、
電線が切れて復旧に追われている様子を
目の当たりにしました。

翌日、大学をぐるっと回って様子をみたのですが
根こそぎ倒れた巨木が、大学構内いたるところにあり、
あまりの変貌に驚きました。

また、ポプラ並木を今後どうすべきかが
大学内外で盛んに議論され、
倒れたポプラを埋め戻すことが決まりました。

非常にユニークで稀な事業であるため
市民や学者たちの関心が集まりました。



ポプラ並木の近くには立ち寄ることが出来ず、
遠くからしか撮影できませんでしたが、
手元にあるものを紹介します。

このエントリーの一番下にある
「ポプラ並木再生作業状況 」に詳細な記事がありますので
もっと見たい方はリンク先をご覧ください。





ポプラ並木の被害

P9130230_R.jpg P9130229_R.jpg P9130228_R.jpg P9130231_R.jpg P9130232_R.jpg P9090004_R.jpg






平成ポプラ並木の被害
P9130250_R.jpg P9130249_R.jpg






農場の被害(倒れたトウモロコシ)
P9130253_R.jpg P9090001_R.jpg






北大構内の被害
P9130194_R.jpg P9130196_R.jpg P9130204_R.jpg P9130206_R.jpg P9130207_R.jpg P9130211_R.jpg P9130212_R.jpg P9130215_R.jpg P9130219_R.jpg P9130220_R.jpg P9130225_R.jpg P9130226_R.jpg P9130227_R.jpg P9130236_R.jpg






大通り公園の被害
P9090013_R.jpg P9090014_R.jpg P9090011_R.jpg




参考;2004年の台風18号による被害について

■被害状況■
「ポプラ並木再生に着手」
北大新聞会・2004年11月号掲載
http://www12.big.or.jp/~h-press/articles/jiji/j0411pop_sai.html

「台風18号による被害状況について」
北海道大学公式サイト→ヘッドラインニュース
http://www.hokudai.ac.jp/bureau/news/news-top/typhoon18/top.html


■再生作業状況■
「ポプラ並木再生作業状況 」
北海道大学公式サイト→ヘッドラインニュース
http://www.hokudai.ac.jp/sisetu/revive/revive.html




人気ブログランキング.png 学生ブログランキング.gif ←2つのランキングに参加しています。
 何か感じた方は「1日1クリック」お願いします。

2006年01月17日

真冬の新渡戸稲造像

今日は真冬の新渡戸稲造像について。

旧5千円札の肖像、そして国際関係学者として有名な新渡戸稲造氏。
彼の胸像がポプラ並木の東隣にこの像があるので撮影してきました。







・・・はっっ!

牛乳瓶の底のようなメガネ+鼻水という
ちょっと人に見られたくない恥ずかしい顔で、
必死でテレを隠しつつ冷静さを保っておられました。




DSCF5000_R.jpg  DSCF5002_R.jpg  

DSCF5007_R.jpg  DSCF5008_R.jpg  DSCF5021_R.jpg  

DSCF5022_R.jpg  DSCF5015_R.jpg
※クリックすると大きい画像が出てきます。




屋外にある北海道の銅像は、どうしてもこのような問題がおきます (^^;
メガネをかけている新渡戸さんには、こうなりやすいのでしょう。
目の辺りが冷たそうで、ちょっとかわいそうでした。


Wikipedia;新渡戸稲造

比較;新渡戸稲造像 [2005年07月27日(水)]




人気ブログランキング.png 学生ブログランキング.gif ←2つのランキングに参加しています。
 何か感じた方は「1日1クリック」お願いします。



2006年01月16日

吹雪の中のポプラ並木(並木正面編+おまけ)

吹雪の中のポプラ並木シリーズ、並木正面編。
これで吹雪シリーズは一旦終了です。

関連;
吹雪の中のポプラ並木(農道からの景色編)
吹雪の中のポプラ並木(並木散策編)


   DSCF4998_R.jpg
※クリックすると大きい画像が出てきます。



雪がない時期は観光客がが絶えないこの場所も、
さすがにこの日は誰もいませんでした。
道もまったく除雪されておらず、
誰の足跡もついていない状態。


ポプラ並木は、1年の4分の1がこのような状態です。


比較;
晩秋のポプラ並木(その1) [2005年11月21日(月)]
ポプラ並木・正面 [2005年09月20日(火)]
ポプラ並木(6月14日) [2005年06月19日(日)]
新緑のポプラ並木 [2005年05月28日(土)]


人気ブログランキング.png 学生ブログランキング.gif ←2つのランキングに参加しています。
 何か感じた方は「1日1クリック」お願いします。



続きを読む

2006年01月13日

吹雪の中のポプラ並木(並木散策編)

DSCF4964_R.jpg




吹雪の中のポプラ並木シリーズ、
並木散策編です。



並木の中ほどにきた途端に
ものすごい吹雪に見舞われました。

風がすこし強くなっただけで
周囲の様子が急変します。

正面奥にある並木の出口が見えず
黄泉の国につながってそうな風景。
不思議な気分でした。











DSCF4964_R.jpg  DSCF4961_R.jpg  DSCF4974_R.jpg

DSCF4980_R.jpg  DSCF4981_R.jpg  DSCF4987_R.jpg
※クリックすると大きい画像が出てきます。

下段中央にみえるのは、2004年秋に植えなおされた倒木です。
横風に吹かれていますが、ワイヤーによって転倒から保護されています。



人気ブログランキング.png 学生ブログランキング.gif ←2つのランキングに参加しています。
 何か感じた方は「1日1クリック」お願いします。

2006年01月12日

吹雪の中のポプラ並木(農道からの景色編)

       DSCF4924_R.jpg


2006年01月09日の記事どおり、
雪+横殴りの風の中、ポプラ並木を散策してきました。
(実際大した吹雪ではないのですが、ご勘弁を)

たくさん写真があるので、
小分けにしてUPしていきます。


今日は「農道からの景色」について。

上の画像のような農道があり、西から東へ移動する中で、
ポプラ並木に近づいていく途中の眺めを紹介します。





DSCF4929_R.jpg DSCF4934_R.jpg DSCF4938_R.jpg DSCF4942_R.jpg DSCF4951_R.jpg


左上がスタート。
徐々にポプラ並木に近づいていくときの眺めです。
全体に白っぽいもやがかかっていますが、ぼやけではなくて雪。
北海道は水分の少ないパウダースノーなので
北大農場のような雪原は、ひとたび風が吹くと、
雪が舞い上がってあたりが霧のように覆われます。

その霧状に漂っている細かい雪によって、
ポプラ並木は遠くからみると、白いもやがかかっており、
だんだん近づくについて、黒くはっきり見えてきます。



人気ブログランキング.png 学生ブログランキング.gif ←2つのランキングに参加しています。

2006年01月10日

シロひげのクラークさん

DSCF4899_R.jpg

白ひげ+白いベレー帽のクラークさん。
どうやらにらめっこの途中のようです。




人気ブログランキング.png 学生ブログランキング.gif ←2つのランキングに参加しています。

2006年01月09日

写真は天気のいい日に撮りたいもの

DSCF4885_R.jpg

写真は1月5日に撮影したもの。


ここ数日大雪が続く札幌。
雪で車が埋まっているのをよく見かけます。

「吹雪の中のポプラ並木」なんて写真は
きっとほとんど出回っていないので
いつか撮りたいのですが、・・・撮影者も人間。
吹雪の日は屋内でおとなしくしたいのが本音です。


週末はずっと屋内にいました。
寒い寒い。。

「吹雪の中のポプラ並木」はいつか必ずチャレンジします。たぶん。。。
(きっときれいに撮れないだろうけど。。)




人気ブログランキング.png 学生ブログランキング.gif ←2つのランキングに参加しています。

2006年01月06日

リンク集

本日リンク集を再編集しました。
直接の知り合い+交流のあった方々を登録しました。
もし都合悪ければ外しますのでこっそり連絡してくださいませ。
間違いあれば遠慮なく指摘してください。


リンク先へは
左ツールバーの「つながり」から飛ぶことができます。



[ブログ関係]
チェンバリスト水永牧子 公式サイト
農家の嫁の事件簿(AKIさん)
上野パンダ 平日写真更新UP!Blog 癒されて下さい(HuanHuanさん)
真・粋な男への道(やんまあさん)
あきこの日々(あきこさん)
ももぼの日和(ももかさん)
てまめくちまめsapporo(豆福さん)

[サークル関係]
色葉詩(ゆうひさん)
sunao(sunさん)
空ト彩(雅さん)
Lege's Desk(Legeさん)
▼>ω<▼日記(真さん)
花吹雪(日向ぼっこさん)
ツレヅレグサ(moeさん)
シマシマブログ with CUB(縞々kidさん)
n o t e(tomoさん)
うたかた(こむぎさん)
ネタ帳(まりりんさん)
Dismal Days(Kuwaさん)
sukeの世界(sukeさん)

posted by water at 15:35| Comment(3) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雪原の中のポプラ並木

DSCF4839_R.jpg  DSCF4824_R.jpg


昨日撮ったポプラ並木の続き。
1枚目はポプラ並木から見て北西方向からのアングルです。
普段手前の雪原はジャガイモ畑が広がっています。
冬になると一面の雪景色。
歩くスキーにも使われています。

2枚目は西方向からのアングルです。
北大農場の真ん中には東西にのびる農道があり、
その西端の農道出口付近からの景色です。
石山通り、セイコーマート付近に出口があります。

写真の設定を変えてみました。
クリックすると大きいサイズの画像が出てきます。



人気ブログランキング.png 学生ブログランキング.gif ←2つのランキングに参加しています。

2006年01月05日

新年のポプラ並木

あけましておめでとうございます。
正式にブログを移転することにいたしました。

2006年からはSeeSaaブログをお借りして
ポプラの様子をお伝えしていきたいと思います。
今後もどうぞよろしくお願いいたします。





DSCF4832_R.jpg  DSCF4843_R.jpg  DSCF4852_R.jpg  DSCF4857_R.jpg  DSCF4863_R.jpg  DSCF4883_R.jpg


さて年明け最初の写真ですが、
数日振りにきれいな青空が広がったので
久しぶりに撮影してきました。

農場は一面の銀世界、そして青い空。
すがすがしい気持ちになる景色でした。






人気ブログランキング.png 学生ブログランキング.gif ←2つのランキングに参加しています。

2006年01月01日

ポプラ並木の基本情報について

ポプラ並木の基本情報について


--------------------------------------------------------------------------------

ポプラとは何か?

ポプラとは俗名で、北大ポプラ並木のポプラは
「セイヨウハコヤナギ(Populus nigra var. italica)」と言います。
原産地ヨーロッパ。雌雄異株。英名Lombardy Poplar。

 生長が早く、大きいものは高さ40m、直径1mにもなります。で、北海道では5月ごろ花が咲き、6月に結実します。ポプラの花は目立たず、しかも高い位置につけるため咲いていても気づきにくいです。花が終わってすぐ、房状で綿毛つきの種子をつけるのですが、すごい量の種子が風に飛ばされて空を舞います。大きいものでは地面は白くなってじゅうたんのようになります

 ポプラの仲間は植物生態学で言うところの、先駆植物(pioneerplant)に分類され、天災などで裸地ができると、綿毛に包まれた種子が風で運ばれてきて、いち早くそこに定着します。従って、明るいところを好み、生長が早く、挿し木でもすぐ増える性質がある反面、高木の樹木としては寿命が短く、風で倒れやすく、虫も付きやすいのです。

 また、わずかな風にも葉がさらさらと音を出してそよぐのが、ポプラの特徴で、ラテン語の学名のポプルス(Populus)は「ふるえる」という意味の言葉から出たという説があります。

参考:
植物園だより(シリーズ1・北大構内の樹木(1991年))
植物図鑑(セイヨウハコヤナギ)
Wiki「セイヨウハコヤナギ」


--------------------------------------------------------------------------------

ポプラ並木の所在地について

ポプラ並木は、北海道大学札幌キャンパス内にあります。
理学部・総合博物館の西側、農場内にあります。

JR札幌駅北口から約1.5km、徒歩20分です。
北大の正門→クラーク像を右折(北上)→
総合博物館と中央食堂の間の道に向かって左折(西へ)
してください。

参考
Google Map
イラストマップ(←分かりやすいです)



--------------------------------------------------------------------------------

ポプラ並木の歴史

「ポプラ並木の先輩後輩」
(浜井祐三子:言語文化部講師)
北海道大学広報誌「リテラ・ポプリ」2001夏 第8号
http://www.hokudai.ac.jp/bureau/populi/edition08/
http://www.hokudai.ac.jp/bureau/populi/edition08/campus-tour.html

「ポプラ並木」
北海道大学公式サイト→大学紹介→その他の施設紹介
http://www.hokudai.ac.jp/bureau/map/map16.htm


■簡易年表■
(上記の浜井先生の「ポプラ並木の先輩後輩」を参考にしました。)

明治中頃 アメリカから防風林用にポプラの種子が輸入される。
1903年 北大ポプラ並木の最初のポプラが植えられる。
1912年 当時の林学科の実習生によって45本が植栽された。「ポプラ並木」のはじまり。
1959年 台風による倒木被害,補植を経て現在の51本のポプラ並木となった。
1970年ごろ〜現在 老朽化による倒木,落木の危険が大きいとして立ち入り禁止。
2000年 ポプラ並木から北500mの場所に「平成ポプラ並木」が造成される。
2004年 台風18号によって51本中19本が倒木,8本の幹が曲がり,計27本が損傷
    その後、損傷の少ない2本が埋め戻される。



--------------------------------------------------------------------------------

2004年の台風18号による被害について

■被害状況■
「ポプラ並木再生に着手」
北大新聞会・2004年11月号掲載
http://www12.big.or.jp/~h-press/articles/jiji/j0411pop_sai.html

「台風18号による被害状況について」
北海道大学公式サイト→ヘッドラインニュース
http://www.hokudai.ac.jp/bureau/news/news-top/typhoon18/top.html


■再生作業状況■
「ポプラ並木再生作業状況 」
北海道大学公式サイト→ヘッドラインニュース
http://www.hokudai.ac.jp/sisetu/revive/revive.html



--------------------------------------------------------------------------------

ポプラ並木のオリジナル観光情報Q&A
文責;water


Q 北大のポプラ並木はどこにありますか?
A 「中央食堂」から西に向かって約200mの場所にあります。
詳しくは北大が提供しているイラストマップを見てください。
http://www.hokudai.ac.jp/bureau/map/mapindx1.htm

北大の正門から歩いて15分程度かかります。

(住所は札幌市北区北11条西11丁目です。)


Q ポプラ並木には車でいけますか?
A 一般の方は車で大学構内に入れません(通行証が必要)。
例外的にタクシーならOKです。


Q ポプラ並木はいつからあるのですか?
A 1912年(明治45年)からあります。
当時の林学科の実習生によって45本が植栽された。
今年(2006年)で94周年です。


Q ポプラ並木は通れるのですか?
A 南端から数十までは入れますが、それ以上は立ち入り禁止です。
柵があり、それを越えて進んではいけません。
(ただし、農場の関係者は、農道として利用しています。)

→正直なところ、実際は簡単に通り抜けできてしまいますが、
「通ってはいけない」のだと思ってください。大人の事情です。


Q ポプラ並木は季節によってどう変化しますか?
A 簡単にまとめると以下のような変化をします。

1月 雪の中。
2月 雪の中。
3月 やや雪が減ってくる。
4月 ようやく雪解け。一面茶色い風景です。
5月前半 ポプラが芽吹き始める。ポプラの芽は赤。
5月後半 ポプラの若葉が出てくる。芽は赤から黄緑色に変色。
6月前半 新緑の季節。徐々に葉の緑が濃くなる。
6月後半 ポプラの綿毛が飛び交います。
7月 青々としたポプラ。「いかにも」なポプラ並木を見れます。
8月 7月と同じ。
9月 7月と同じ。ただし、周辺の農場は収穫の時期。
10月 木の上からゆっくりと黄色くなる。ポプラの黄葉。
11月 落葉する。雪が降り始める。
12月 葉がすべて落ち、裸の状態。雪が積もり始める。


Q ポプラが倒れたそうですが、ポプラはどうなったんですか?
A 51本中19本が倒木,8本の幹が曲がり,計27本が損傷しました。


Q 台風の後、ポプラ並木はどうなったんですか?
A 状態のよい2本はクレーンで吊り上げて埋めなおされました。
一部は記念品やお土産に加工されました。
また、一部はチェンバロに加工されました。
2006年9月8日にそのチェンバロでのコンサートが予定されています。
(→チェンバリスト水永牧子 公式サイト)


Q ポプラ並木のまわりには何がありますか?
A すぐとなりに、旧5千円札の肖像画で有名な新渡戸稲造氏の像があります。
この像の裏には花木園があり、ポプラ並木とつながるミニ散策コースになっています。
(花木園では、北大美術部と農場が協力して
 "クロユリ"の再生を試みています。)


Q 最寄のトイレはどこですか?
A ポプラ並木のすぐ向かいに簡易トイレがあります。
おがくずを使い、有機的に分解するバイオトイレです。


Q 最寄の休憩できる場所は?
A 大学生協の「中央食堂」です。
購買と学生食堂があります。安くておいしいですよ。


Q ポプラ並木関係のいいおみやげはありますか。
A 昨年の台風で倒れた木を使った携帯ストラップがあります。
他にも北大プロデュースのお土産がたくさんあります。
クラーク像の近くにある、「エルムの森」という建物で購入できます。
一般的な絵葉書や写真集の類は大学生協にもおかれています。





他に聞きたいことあればレスつけて質問してください。
がんばって回答&Qの項目に付け足します。


関連:ポプラ並木の基本情報について




人気ブログランキング.png 学生ブログランキング.gif ←2つのランキングに参加しています。
 クリックをいただけると幸いです。

 
posted by water at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ポプラ並木の基本情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。